税理士松尾ブログ

松尾ブログ

経営者の条件

2021-01-28

テーマ:税理士@松尾

 

トンネルを掘る工事は、掘り始める前に必ず「基準点」を決め、常にその地点を振り返りながら工事を進めるそうです。

 

どれだけ工事が進むにしても「基準点」から何メートル進んだかを確認し、

ゴールである「開通」までの原点は常に「基準点」であり続けるわけです。

 

企業経営においても目前を様々な事象が駆け巡りますので、ついつい目前の課題に追われがちで、原点を忘れてしまうことが多々あろうかと思います。

 

原点、、、

 

・何のためにその事業をしているのか。

・こんなにいい商売はない!っていえる理由。

 

事業は経営者そのものですので、経営者の生きざまそのもの、ということとなります。

 

 

そして私自身も先日、ふと原点にもどらなアカン、と思えることがありまして、

そんな時には決まって読み返す書籍が数冊あります。

 

そのなかの一つが「経営者の条件」

 

以前にブログで「経営者の権利」ということで書かせて頂いたことがあるのですが、

その権利を振りかざす手前の、そもそもの条件。

 

50年以上前に書かれたものなのですが、その中に「経営者の8つの習慣」という部分があります。

 

 

1.なしたいことではなく、なされるべきことを考える

 

2.組織のことを考える

 

3.アクションプランをつくる

 

4.意思決定をおこなう

 

5.コミュニケーションをおこなう

 

6.機会に焦点をあわせる

 

7.会議の生産性を上げる

 

8.私は、ではなく「われわれは」を考える

 

 

1と2によって知るべきことを知ることが出来、3から7によって成果を上げることが出来、8によって組織の全員に責任感をもたらすことが出来る。

 

 

ページ数にすると冒頭のほんの10ページくらいのところで述べられていることですが、

まだまだ体に沁み込ませる必要がありました、、、。

 

 

どういうわけか来月に迫る43回目の誕生日を控え、新たに購入するではなく以前に購入した書籍を読み返すことが多くなっている令和3年1月。

就寝前には決まって司馬遼太郎の「関ケ原」。

3回目、、、。

かつては織田柳本藩であった、地元である天理市柳本町にゆかりの深い「織田長益」の登場に敏感に反応してしまう、松尾でした。

いいね 2
読み込み中...


ページ
トップへ