税理士松尾ブログ

松尾ブログ

山の辺の道のピカソ

2021-02-15

テーマ:税理士@松尾

 

私の地元である天理市柳本町。

 

崇神天皇陵と景行天皇陵という2つの陵(みささぎ)があり、

日本最古の道である「山の辺の道」の中間地点に位置します。

 

明治までは織田信長の弟にあたる織田長益の家系が「織田柳本藩」として治めてきました。

 

ちなみに織田柳本藩の、今でいう市役所にあたる「陣屋」は、現在も橿原神宮に移築して保存されています。

橿原神宮 文華殿

 

しかしそんな柳本町も最近は町内のメインどころでも空き家が目立ち始め、若者もまばら。

 

 

何とか次代へとつないでいきたいということで、

ムラの先輩方と一緒に「古代ヤマト連携協議会」として様々な企画をしています。

 

先日は柳本校区内の南檜垣町の特産で、全国的にも珍しい青い豆「あやみどり」を使っての豆乳づくり体験会地元野菜の直売会を実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の方たちが一生懸命に作られた美しい野菜たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝10時のオープンでしたが2時間で売り切れ。。。

 

 

青豆を使った豆乳づくりはオンラインで配信も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まちづくりも企業経営と同じく、ゴールなきマラソン。

 

これからも先輩方と一緒に作り上げていきたいと思います。

 

 

その日は日曜日だったので、これまた「山の辺の道」の隠れたスポット。

 

喜多美術館へ。

 

 

なんと、ピカソ、ゴッホなど錚々たる絵画群が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵画のことは全く分かりませんが、それでも目の当たりにすると、その迫力に驚かされます。

 

いや~山の辺の道は奥深い。

 

 

喜多美術館の目の前には、崇神天皇のお宮があった「志貴御縣坐神社」。

 

ここからヤマト朝廷の勢力が全国へと広げられたとされています。

というか、地元の私はそう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史にせよ美術にせよ、すべて先達から受け継がれたもの。

 

大いなる力を感じつつ、明日からも経営に励みます。

いいね 2
読み込み中...


ページ
トップへ