あおばコラム

私どもでは毎月、お送りする「チャート式決算書」に、事務所からのコラムを添えてご提供しています。

H30.3 成功の秘訣

確定申告の時期には普段にもまして多くの経営者とお会いすることができました。
業績を伸ばされている方に感じたことはとにかく「動いて」おられるように感じます。
成功の対義語は「失敗」ではなく「何もしないこと」だと言われますが、それを見に染みて実感した期間でした。

そして業種を問わずにじわじわと忍び寄る「人手不足」の影響、今後訪れるであろう「空地空家」の問題、そして「個人増税」の傾向を踏まえると、今すべきこと、今動くべきことが非常に多いのが現実です。

しかし結局のところそれらを少しでも解決に導くのは「行動」なんでしょうし、顧客と自社の強みとの接点を考え抜くところにあるのだと思います。
言い換えれば「お客様の欲しかったのはこれですよね?」と言える提案力になると思います。

H30.2 人材?人財? 

「働き方改革」の流れで「人」を大切にとよく言われます。
そこで登場する言葉が「人財」。人は財産ということで「人材」を「人財」と表現を変えているのだと思いますが、少し違和感がないでしょうか?

そもそも会社は、大きな「目的」を達成するための組織であるはずです。
そしてそこに身を置く人間は、組織の追い求める「目的」を達成するための「材料」であるはずなのです。経営者であっても。

経営者であれ従業員であれ、「目的達成のための材料」であることに変わりなく、そういう意味で普通に「人材」と表現すればいいのにな、と感じます。

表現の仕方はともあれ、国家や業界のために成し遂げたいと思う目的を掲げることにまずは重点を置きたいものです。

H30.1 世界で一番素晴らしいことば 

世界で一番素晴らしいことばとは、「自分の名前」です。

個人にとって「自分の名前」であれば、会社にとって一番大切にしなければならないことばは「会社の名前」です。

見るからに凝った感じの社名もあれば、一見、ごく一般的な社名もあります。

凝った感じでもシンプルだったとしても、いずれにしても、何らかの「想い」を込めていることに変わりはないはずです。

消費増税や新しい元号を翌年に控える本年。

激動を乗り切るためにも、
会社に芯を通す、「世界で一番素敵なことば」をもう一度見つめなおしましょう。

H29.12 「景色」と「目標」

最近は「景色(けしき)」という言葉をよく使うようになりました。

何か目標をたて、それをやり切ったあとに見えるもの。

おそらく、目標を達成した後に見える景色と、一方で見えるはずだと思っていた景色が見えなかった、という両面があるのだと思います。

すべての始まりは「目標」を立てることから。

目標を立てるためには「目的」がなければなりません。

 

ことば遊びのようになりますが、「言霊」ということばがあるように、日本人はことばの意義を今よりももっと大切にしてきたはずです。

社内で何気なく使っていることばの意義を問う作業が、組織に芯を通す、力強い作業になるのだと思います。

H29.11 「自己資本」へのこだわり

先日、破産事件を専門に扱う弁護士と話をする機会がありました。
相談者、つまり破産会社の経営者に共通してみられるのは、「財務」をわかっていない、さらに言えば、「自己資本」へのこだわりのなさだとお聞きしました。

財務とはいえ、その弁護士も税理士ではないので財務の詳細まではわかっていないのですが、意味するところは財務の最も基本的な仕組みをわかっていない、ということだと思います。

自己資本へのこだわりとは、言い方を変えれば「税引き後利益の最大化」につきます。
税引き後利益の最大化と、会社の総資産の適正化。

その結果としての堅実な「自己資本」を保った企業へと成長を続けましょう。
財務に関する情報はチャート式試算表から読み取ることが一番の近道です。


ページ
トップへ