あおばコラム

H26. 6 会社の強みを共有しましょう。

6月に入り、来月はいよいよ「あおばグループ」の経営計画発表会が控えています。
「将軍の日」と題し、グループの役員が一日会議室にこもり経営方針を共有しました。
数値計画を考える時間はごくわずかで、大半を費やすのは「事業に対する想い」の部分になります。
経営計画を立てる順序は色々あるかと思いますが、私たちはまずは「あおばの強み」を共有することから始めます。
たとえばSWOT分析をするとき、強みが5つも6つもたくさん出てくる、なんてことはありませんか?
中小企業にとっての強みとは、あっても1つか2つではないでしょうか?
真の強みを考える時のポイントは、「ある、ない」ではなく、「できる、できない」になります。
たとえば最新の設備を持っている、持っていない、というのは強みでも弱みでもなく、その設備があることで何が出来ているのか、お客様にどんなメリットを提供出来ているのか、または出来ていないのか、という視点こそが強みにつながります。
強みの部分を幹部社員の間だけでも話し合い、共有することを継続してみてはいかがでしょうか。

記事リスト


ページ
トップへ